この内容は、私の勝手な所感なので、それに真剣に取り組んでいる人は、勝手なことを言うなと思われるかもしれませんが、よた話だと思ってお読みになってください。

小泉さんの規制緩和によって、ありとあらゆる規制がとっぱわれて、大規模な店舗が地方にガンガンと進出して、それによって各店の規模が小さい地域商店街は壊滅的なダメージを受けていると聞きます。

確かに私が買い物に行く際にも、小さな商店に行くということは、ほぼ無くて大体、郊外型の専門店か、大きなショッピングモールに行ってしまいます。

なぜかということを考えてみたら、

自分の欲しいものがある気がしない
古臭いものを売っていそう
お店に入りづらい
入ったら買い物しないでは出ずらい
売り込みプレッシャーが強そう

など、そのお店に入らないネガティブな理由がたくさん浮かんできます。

このような問題を解決するためにはどうしたらよ良いか?

それには、フリーマーケットのようなオープンスペースを設けて
自治体でも、商店街でも企画して、イベントしたら良いのではないかと思います。

そして、新聞折込チラシでも共同で入れて、集客をかけたらみんな興味を持ってやってくるのでは無いでしょうか?

みんな、一度お店に入ると欲しいものが無くても買わされそうなのが怖いのだから、その恐怖を払拭してやれば、ビジネスのチャンスが生まれそうな気がします。

やはり、昔からそうですが、日本ではハレとケが必要です。

みんなが、大きいショッピングモールに行くのはハレを求めているからなのです。

地域商店街に、ハレが見当たらないからこそ、今の人達に受けるハレのイベントを作り出すことによって、少しでも活性化するのでは無いかと思います。


このブログにも何かハレの舞台が必要かな〜〜。

また気が晴れたらアイデアを出してみたいと思います。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ぽちっと忘れずに!