札幌のホームページ制作会社・社長ブログ

札幌でウェブ制作会社の社長をやっております。 ←こちらをクリックお願いします。

電子書籍

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で固定収入?

昨日は、ウェブコンサルタントの小谷川拳次氏のウェビナー(ウェブのライブセミナー)に参加しておりました。

彼は、先日電子書籍関連の本を出版して、自分自身の事業として電子書籍の作家を養成する講座を解説しております。

電子書籍を無名でも100万部売る方法
電子書籍を無名でも100万部売る方法ジョン ロック 小谷川 拳次

東洋経済新報社 2012-12-07
売り上げランキング : 5648


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウェビナーで無名作家が、ベストセラーを生み出す方法について、紹介していたのですが、とても印象に残ったのが、徹底したマーケットインの手法を取ることだと語っていました。

マーケットインとは何か?

マーケットインとは、市場を徹底的にリサーチして、需要がある市場を見つけて、そこに最適化された商品を提供することを言います。

今までは出版の世界は、作家先生がいて、作家が書いたものが市場のニーズにマッチすれば売れたのですが、無名作家がそれをやるには、非常にハードルが高いのです。

しかしながら、マーケットインの手法を取れば、マーケットがあることが分かっているのだから、そのマーケットが喜ぶものを出すのだから、売れる精度は非常に高くなると言うことです。

そして、マーケットが望むものであれば、ページ数がそんなに多い必要もない。

具体的には、50ページくらいでも良いのだそうです。

う〜ん、こういう話を聴くと、アマゾンでのインディーズ作家デビューの可能性もありかな?と思えてきませんか?

それを10冊ぐらい書けば、結構な収入になるそうです。

なんと言っても、Kindle ダイレクト・パブリッシングの印税は、最大70%ですからね…

100円の電子書籍が1冊売れれば70円の印税をもらえちゃうんです。

そんなうまくは行かないかも知れませんが、ちまたの作家デビューしたい方には朗報ですね!


ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

無名でも電子書籍を100万部売る方法

以前、一緒にビジネスをしたことがある小谷川拳次さんが監修された電子書籍を大量に販売する方法がKindle版で発売になりました。

_V402063479_


この本では、ジョン・ロックという人物がインディーズ作家としてアマゾン・キンドルで初めて電子書籍100万部を売った手法が紹介されています。
いかにマーケティングと戦略が重要であるかが分かります。

 今後、日本でもどうようの事例が増えてくるんではないかと思います。

今も自費出版という方法がありますが、これはすごくコストがかかってしまいます。

ブランディングに使えるかも知れませんが、

今後はAmazon Kindleでインディーズ出版して、売れたらそこから本格的な出版へという流れがメジャーになってくるんではないかと思います。



小谷川さんは、ジョン・ロックに直接メールで連絡して、日本での販売権を取得したのだそうです。

海外の面白いインディーズ出版を見つけてきて、日本での販売権を獲得して、監訳者としてのブランディングなんていう方法もありかと思います。



ちなみにこんな本も発売されています。

ePub方式というのが、電子書籍の標準のフォーマットになります。

この本を購入すると、簡単にインディーズ出版が可能になります。

ブログ人気ランキング参加中。今日も1ぽち、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

30分でKindle作家デビューできちゃう?

今日から3連休ですね。

随分寒くなってきたので、今日は手稲温泉ほのかでも行ってこようかと思っております。

といいつつも家で仕事をしたり、facebookアプリを作ったりしているのですが…

ブログウォッチングをしていたら次のような記事を見つけました。



kindle


出版するだけなら誰でもできる時代になったんですけどね。

どうでならきちんとした内容で出版したいと思いますよね。

でもKindle作家を目指して、原稿書きでも始めてみようかと考えています。

お疲れ様です。今日も1ぽち、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

ライブドアでEPUB書き出し機能(β)をリリース

ライブドアブログすごいっすね。

Amazon Kindleで読み込める、EPUB形式でブログを書き出すことが出来ます。

ということは、ブログからKindleダイレクト・パブリッシングで出版できちゃうってことですね。

http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51786675.html

webpagethumbnail


出版できるようなしっかりとしたコンテンツを書けるか?っていうことが大切ですけどね。

ちなみにこのEPUB書き出し機能は有料版のみの対応です。


しかしお手軽に出版できる時代になってきましたね。


お疲れ様です。今日も1ぽち、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

Kindleストアの人気ランキング

amazonevent0123


みなさん、Kindleは使っていますか?

Kindleは別Amazonのキンドル端末がなくっても
読めるんですよ?

私もiPadにKindleを入れて電子書籍を読んでいます。

Kindleの良い所、

購入価格が、紙の書籍より安い!
ネットで購入後すぐに読める。
本のような場所を取らない。
同じアカウントで、別機でも同じ本が読める。

などメリットがたくさんあります。

私は、iPhoneにもKindleアプリを入れているので、
iPhoneでも電子書籍が読めます。

しかも、一般の書籍もかなりKindle版が出てきています。

間違いなくペーパーレス化が進みそうです。

もうKindleの売れ筋ランキングもAmazonに出来ています。

 Kindleストア の 新着ニューリリース

Kindleで一番売れているのがこちら↓

ウェブで政治を動かす!
ウェブで政治を動かす!津田 大介

朝日新聞出版 2012-11-13
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


衆院選もはじまりますしね。

よろしければ、1ぽちっとよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓

br_banner_cosmo

Amazon Kindleでベストセラー作家になれる?

アマゾン・キンドルが遂に日本上陸という話がありましたが、

キンドルのハードウェアは日本で最近発売されましたが、

アプリ(ソフト)は前からインストールできたんですね。

私は、PCにアメリカのキンドルを入れていたんですが、

残念ながら、日本版キンドルアプリは、PC用が無いみたいです。

iOSとAndroid版は下記からダウンロード可能です。

http://goo.gl/ocgEj


webpagethumbnail


早速iPadにキンドルアプリを入れて、電子書籍をダウンロードしてみました。

写真 2012-11-12 23 23 39

購入したのはこちらの本⇒未来記憶という本です。

キンドル版は、紙の本に比べて500円くらい安かったです。

購入そく読めて、しかも安い! これはやっぱ革命ですね。

米国で、電子書籍の売り上げが、紙の書籍の売り上げを超えたって言うのも分かりますね。

日本でも間違いなく米国の状況が再現されると思います。

未来記憶
未来記憶池田貴将

サンマーク出版 2011-09-13
売り上げランキング : 1868


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さらに、Amazonではダイレクトパブリッシングという、
出版社を介しないで著者が直接本を販売する仕組みがあり、
報酬も35%と印税よりもかなり多く得ることが可能です。

そういえば、知り合いでコンサルタントの小谷川さんが、
電子書籍の秘密を教える無料Web講座を開催しています。

関心がある方はこちらからどうぞ!

電子書籍をあなたのビジネスに活かしませんか?
Amazonキンドルで成功するため 執筆〜制作〜キンドルマーケティングまで
すべての方法論が期間限定で無料公開されています。
ぜひこちらからチェックしてみてください。

http://www.8rich.net/ca/0012/

よろしければ、1日1ぽちよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓

br_banner_cosmo

Kindleダイレクト・パブリッシング日本版スタート

先日、Kindleの日本語版が発表されましたが、
私のブログでも紹介していたKindleの自費出版がついに始まるようです。

あなたがもしブログを一生懸命書いていたら、
そのブログのおまとめを自費出版するなんていうこともできます。

またテストマーケティングをして、そして反響があれば、
それを出版社に改めて持ち込むなんていうことも可能になります。

graph
リクナビさんのホームページから

“Kindle本”自費出版「Kindleダイレクト・パブリッシング」日本版スタート

Kindle向け電子書籍を自費出版できる「Kindleダイレクト・パブリッシング」も日本版がスタート。作家や出版社が電子書籍データをKindleストアにアップロードし、世界に販売できる。
[ITmedia]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1210/25/news065.html


10月25日、作家や出版社がKindle向け電子書籍を自費出版できる「Kindleダイレクト・パブリッシング」の日本版が、Amazon.co.jpでスタートした。

出版は無料。書籍が売れると、ロイヤリティとして売り上げの35%を受け取ることができる。ロイヤリティを70%に設定することも可能。その場合は販売地域が限定されたり、ファイルサイズごとに設定された「通信コスト」が売り上げから控除されるといった条件が付く。

これまでの出版の印税とかを考えると画期的ですよね。

アメリカでは、紙の出版の売り上げを、電子書籍が超えたという話までありますから、これから日本でも盛り上がってくるんじゃないでしょうか?

まあ、仕組みが出来上がっても、コンテンツが書けるか?というのが一番重要な課題なんですが…(^_^;)

よろしければ下のボタンをプチッと押して下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓

br_banner_cosmo

livedoor プロフィール
オススメ本

ジオターゲティング
人気ブログランキング
オススメコンテンツ
トラックバック
ラジオ体操第4 (Noh Jesu(ノ・ジェス)氏とJAPAN MISSION)
70年ぶりとなる続編、ラヂオ体操第4
フォロワーが10000人に! (全ては繋がっている(動画ブログビジネス関連配信team Ben))
ツイッターセミナーの打ち合わせをしました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ