さとたくがコンサルティングしている会社でも、
FAX-DMを使って、見込み客を集めようと考え、金森重樹氏の
FAX-DM技術を採用しようと思い、早速金森重樹氏のサイトから

FAXを自動現金引出機に変える方法

を購入。

うちの事務所にビデオが届いたのであるが、
送り元は金森 重樹と書いてある。
事務所ではなく、個人名としているところが、
また顧客へのロイヤリティを高める手段か?
と感じつつ、ビデオで金森氏が話している姿が見られると思い、
ワクワクしながら再生した。

ちょっと昔のビデオなのか、ひなびた会議室のようなところで話している。

しかし、金森節は炸裂! 断言調でビシバシマーケティング理論を披露している。

彼の著作において、語られている部分もあるが、具体的なリストの作り方など非常に参考になった。

金森氏が何度も強調しているのは、

ダイレクトマーケティングにおいて重要なのは、
リスト(名簿)
オファー(無料の特典)
クリエイティブ(文章、表現)
の三つだということ。

このうちのクリエイティブの部分に様々許諾誘導技術をおりまぜていくのだが、ツァイガルニック効果には非常に感銘。

ツァイガルニック効果とは、たとえば結論を示さずに、いいところでとめて、
相手を長時間、不安定で気持ち悪い状況に置く事で、記憶に焼き付けられるという心理的効果のこと。

確かにテレビなんかはこの技術を使いまくりですよね。

ホームページなどではタイトルに、この効果を使い、
『なぜ、あなただけ儲からないのか? その本当の理由とは…』
などと書かれると思わず次を読みたくなってしまいますね。

ツァイガルニック効果は非常に有効なんです。

みなさんのクリックが励みです。
人気blogランキングへ