みなさん、クリスマスの3連休はいかがお過ごしですか?

私は年賀状を作ったり、家を掃除したりと来年に向けての準備をしております。

年賀状もきちんと刷り終わって、年賀状代わりのオンラインのクリスマスカードも送って、家族でのクリスマスイブを過ごすための準備をしております。

昨日は、自宅で大河ドラマ清盛の最終回を見ていました。

d0017307_122148

私もあまり歴史に詳しくないので、えらそうなことは言えないのですが、壇ノ浦で義経が平家を討つ時に、平家が擁した安徳天皇が共におり、三種の神器のうちの草薙の剣が行方不明になってしまった様子が描かれていて、とても興味深く見ておりました。

その後、どうなったのかな〜?と不思議に思っていたのですが、Yahoo!知恵袋では次のように紹介されておりました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1238250897

「吾妻鏡」などでは、安徳天皇や二位の尼とともに「草薙剣」(天叢雲剣、あまのむらくものつるぎ)は海中に沈んでしまい、行方不明になったとありますが、 紛失後20年ほどは清涼殿の御剣・昼御座(ひのおまし)剣で代用し、承元4年(1210)に順徳天皇が即位した時、伊勢から新たに剣を奉って宝剣としたと いう記録があります。(鎌倉初期の順徳天皇著「禁秘抄、きんびしょう」による)

この三種の神器が揃わないことで、後鳥羽天皇は、三種の神器が無い状態で即位され、その権威に傷がつき、後々禍根を残すことになったということを知り、とても感慨を感じておりました。

映像はとてもキレイでしたが、やはり登場人物の顔を黒く塗りすぎた感は否めませんでしたね。

あと、最近の若い俳優さんが、みんな細マッチョで背が高すぎて、なんか着物が似合わないんだよな〜と違和感を感じながら、次の大河は綾瀬はるか主演の「八重の桜」ですね。

明治六大教育家の1人である新島襄の奥様のお話ですね。

なんと、新島襄がオダギリジョーだそうで…


ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo