おはようございます。

最近のSEO(サーチエンジン対策)というのはかなり難しくなってきて、

人工知能のような狡猾さを持ったGoogleのアレゴリズムとの戦いになるので、

私たちのような浅はかな知恵ではなかなか対抗するのが困難な状況になりつつあります。

また、あるコンサルタントが、

「GoogleはSEOにかかる人的コストを高くして、
SEOという行為がコストに見合わないものにしようとしている」


なんてことも言っておりました。

確かに、「そうなのかな〜」と思ったりするわけです。

まあペンギンアップデートについては、完全一致のアンカーテキストが、

一定比率を超えると発動する感じもあるので、
プログラムを使ったリンク集への自動登録なんていう作業は
ペンギンアップデートの完全な餌食となってしまいます。

そうなると手作業で毎回アンカーテキストを変更しなければならない…

そして、自作自演のクオリティの低いブログからのリンクも評価されなくなります。

というのは、もし人間がきちんとブログを書いていたらあるキーワードが登場した際に、
一緒に登場すると思われるサブキーワード(共起語)がありますが、それが全く登場しない場合は、
これはワード・サラダ(意味のない文章)だと判断されるわけです。

ということでGoogleは多分、共起性までも判断していると思われます。

あとは、リンクサイトについた被リンクまでも判断しているようです。

それなので、ペンギンアップデートによる検索エンジンの更新は、
すごいマシンパワーを要する作業のため、3ヶ月から4ヶ月に一度しか行うことができないのでしょう…

ということで、被リンクによるSEOはある程度、その役割を終えたのかも知れません。

それでは、今後どのような対策をしていけば良いかは、また次の機会の述べたいと思います。

追伸、

予約していたメタ・シークレットがAmazonから発送されました。

ザ・メタ・シークレット [DVD]
ザ・メタ・シークレット [DVD]
角川書店 2012-12-07
売り上げランキング : 400


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ人気ランキング参加中。今日も1ぽち、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo