昨日は、北星学園大学のオープンユニバーシティで

ソーシャルメディアマーケティングについて講義をさせていただきました。

541123_450527388326350_150920540_n

前半は私がソーシャルメディアの流れや、ソーシャルメディアで
マーケティングを展開する上での注意点などについて話をさせていただきました。

インターネットではデジタル商品の流通にはコストがほとんどかからないので、
お客様に価値あると思われるコンテンツを、まず無料で流通させて、そこで
エンゲージメント(つながり)を作り、そのあとどこかで、マネタイズさせることが
重要になります。

実際に、初音ミクにしても、きゃりーぱみゅぱみゅにしても、
YouTubeなどのソーシャルメディアでコンテンツを無料配布して、
話題を作り、そこから実際に価格のついた商品を販売して、
マネタイズしているのです。

話題になっている韓国のPSYも現在ビルボードのランキングがYouTubeの
再生回数を組み込んでいることに着眼して、再生回数をうまく稼いで、
その後、全米デビューにこぎつけました。

さらに漫画家の佐藤秀峰氏は、「ブラック・ジャックによろしく」を無料公開して、
二次利用可能することにより、100万人の読者を得たということです。

そこから、別のデジタルコンテンツを配信してマネタイズしているのです。

ダイレクトマーケティングでは最初に低価格のフロントエンド商品を
販売して、見込み客(リード)を獲得して、その後バックエンドを購入してもらう
という戦略でしたが、ソーシャルメディア時代は、ソーシャルメディアで、
フリーのコンテンツを拡散させて、そのあとバックエンドで収入を上げる
という戦略に変わっているのだと思います。

あなたの商品で何が、フリーで拡散できるか?

少し考えてみてはいかがでしょうか?

よろしければ下のボタンをプチッと押して下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓

br_banner_cosmo