ソーシャルメディアで最も成功した男と言われる、

ゲイリー・ベイナチャックの最新本が日本語で出ました。

アメリカでもかなり話題だった、The thank you economyを

マーケッターというより最近は事業家?の金森重樹氏が監訳を務めています。


ザ・サンキュー・マーケティング
ザ・サンキュー・マーケティングゲイリー・ヴェイナチャック 金森 重樹

実業之日本社 2012-01-31
売り上げランキング : 513


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


インターネットの世界が、知識情報のメディアから、ソーシャルなつながりのメディアに変容していく時代において、これからのネットマーケティングがどのようなものになっていくのかを探ることができます。


前に出たゲイリーの稼ぎ方は、かなり影響を受けました。

〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)
〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)ゲイリー・ヴェイナチャック 岩元貴久

フォレスト出版 2010-07-06
売り上げランキング : 20207


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あのザッポスのトニー・シェイも絶賛しています。


追記、

金森氏の最初の解説が、私が薄っすらとFacebookに抱えていた危うさを見事に指摘しています。

彼は、お互いに監視されてもいい人間しかSNSというものはできないと語っています。

起業家とか経営者はがもしソーシャルネットに関わるなら、そのことをきちんと把握していく必要があるでしょうね。