早いもので、もう師走ですね。

昨日はファシリテーション協会の定例会に参加していました。(^^)

そこで情報デザインについて勉強したんですが、
情報と呼ばれるものにも、区分があって、

データ→インフォメーション→ナレッジ→ウィズダム

という風に価値が上がっていくそうです。


そこでインフォメーション(情報)とナレッジ(知識)
を大きく別けるのが、エクスペリエンス(経験)という
価値が付与されているかどうかということでした。

そのことを聞いて私もすごく納得しました。


私たちが扱っているビジネス領域は、まさにナレッジ
を扱っているということなんですね。

単なるインフォメーションではなく、実際に経験という
価値が付与されているからこそ、重要なのだと思います。、

今では、インフォメーション自体はネットで検索すれば、
誰でも取ることができるので、そこに価値はありません。

今はそこに経験が付与されて、情報がどのような効果をもたらすか
がとても重要なわけです。

そういう意味では、今多くの人が求めているのは、
効果があって、再現性のあるノウハウ(ナレッジ)だと
思います。

時代は進化してビジネスは高度化しているんですね〜〜