いろんな人が、2011年は、大変革の年だとか、予測できないようなことが起こるとか言っていますが、私もそれって一体どういうことなんだろうか?と悩んでいました。

そして、今日、メールボックスに届いた礒 一明さんのメールマガジンを読んでそういうことかとちょっと2011年がどういう年なのか分かったような気がします。


磯さんのメールマガジンには次のように書かれていました。

人生の選択
~~~~~~~~~~~
2011年は、いわゆる、真実に向かう人と、それに抵抗する人で、
両極端にPolarize、つまり分極化が加速すると言われています。

これまでも、対比、分極化は存在したのですが、どちらにも属さない
中間層が大多数を占めていました。

しかし、これからは、宇宙の真実に目覚める人と、それに抵抗する人で、
その中間層が減っていく年になるようです。

愛を選ぶか、エゴを選ぶか、と言ったところでしょうか。



ラブを選ぶか? それともエゴを選ぶのか?


自分の行動の指針がどちらによるかで、その結果は大きく変わってきそうです。


中間の無い時代、本当に怖い時代でもあると思います。


神田さんが言っているように、


楽しいことにフォーカスしていると、次から次へと縁が生まれる。
お金のことを考えなくなる。でも、気づいてみたら
必要なお金はすべて手に入っている。


逆に、


逆に、「努力しなければ、前には進まない」「戦わなければ、
欲しいものは得られない」という概念をもった人たちが、
急速に色あせてきます。


ということが起きてきそうな気がします。


どちらを選ぶかなら、やはりラブですよね〜