今回の大河は本当に面白いですね。


昨日は、坂本龍馬が脱藩をする時の、坂本家の家族模様について、

描かれていましたが、龍馬のやりたいことを家族が理解して、

家族が龍馬を後押しする姿、龍馬がその後家族が受ける仕打ちを

知って、もがき苦しみながらも、志を遂行するために脱藩を決意する姿。



本当に涙しながら、見ていました。


あれこそ、私の理想の家族だと思いました。


私も息子が、悩み苦しみながら行くべき道を決断したときは、


それを後押ししてあげたいと思いました。


それと対抗するように、武市半平太がダークサイドに堕ちて行く様は

本当に悲しいですね。


一度は、土佐でも頭角を発揮しながら、最後は切腹を命じられるわけですから…



第二部は、いよいよ、人生の師となる勝海舟に会って、龍馬が更なる活躍していきますね。


予告編でも、かなりワイルドになっていました。


ツイッターでソフトバンク孫社長のつぶやきを見ていましたが、

masason 魂から泣いたーっ? 下っ腹がたぎったがぜよーっ?

と叫んでおられました。



孫社長も16歳の時に渡米する時に龍馬と同じような思いを抱かれたようです。


ブログを書きながら、思い出して涙ぐんできた…


blogランキングに参加中、クリックお願いします。

人気ブログランキング