改正特定商取引法では、返品特約表示についての規制が強化され、今年の12月から施行されます。

お客様とのトラブルをできるだけ避けるため、返品やキャンセルについての基本的な知識を持つ必要があります。

返品特約の表示についての概要
・12月1日から
・返品の可否、条件等を広告表示していない場合は、8日間、送料消費者負担で返品(契約の解除)が可能となる。
・広告表示(商品詳細ページ)以外に、最終申込み画面(注文確認画面)においても表示する必要性がある。

これをしておかないと、自己都合による解約で8日間の間に返品されてしまうことがあるようです。

ネットショップを行っている人達は、早く内容を確認して対応する必要がありますね。

通信販売における返品特約の表示についてのガイドライン
http://www.no-trouble.jp/page?id=1246275576397

詳しく知りたい方は上記のガイドラインをご覧ください。

人気ブログランキング参加中!
皆様のクリックが励みです。

こちらも応援お願いします⇒
人気ブログランキング