Twitterが盛り上がりを見せる中で、Twitterをマーケティングツールとして使おうとする動きが活発化しています。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20400331,00.htm

ホットリンクは9月18日、Twitterのクチコミの伝播を可視化する技術を開発し、企業のマーケティング活動を支援するレポーティングサービスを提供開始した。

ホットリンクはTwitterのつぶやきが、どのようなキーワードで、どれだけ多くのユーザーに、どのように広まったのかを解析する技術を開発した。

これにより、たとえば自社商品に関して発言された回数、発言した人数、読まれた人数、クチコミが伝播した経路やタイミング、時間帯や話題の内容などを分析できるという。

ホットリンクはこのレポーティングサービスを、大手広告主企業、Twitterを活用したプロモーションを取り扱う広告会社やPR会社向けにを提供していく。

090918_twitter1s
Twitterユーザーとクチコミの伝播図1

Twitterの面白いところは、そのゆるいつながり力にあります。

普段は何気なくつぶやいたり、覗いている情報に面白いものがあれば、それをどんどん数珠繋ぎのように伝染させていく効果があるのです。

私が投稿したブログの内容をTwitterで紹介したところ、それがどんどん再投稿されていって、アクセスが一気に膨れ上がり、ブログランキングで上位に表示される事もありました。

このような広がりを分析して、傾向を見つけ出すことができれば、Twitterを使った戦略的なクチコミプロモーションを展開できるかも知れません。

ホットリンクのサービスはそのようなブレークスルーを生み出すツールとなるかも知れません。

人気ブログランキング参加中!
皆様のクリックが励みです。

こちらも応援お願いします⇒
人気ブログランキング